【外注化で月10万円】アフィリエイトは外注化すれば報酬が3倍加速!

今村
外注化って難しくないの・・・?自分に外注化なんて全くできる気しないんだけど・・・
アフィ仙人
大丈夫じゃよ!外注化は、最初の障壁は高いと思うがやってみたら案外簡単なんじゃよ。何より外注化しないとアフィリエイトのスピードは加速せんのじゃよ。8ヶ月でアフィリエイトで30万円以上稼ぎたいのであれば必須のスキルじゃよ。

1万円でも良いので稼げることが、出来るようになったら初めていきたいのが外注化です。 どんなアフィリエイターの方に聞いてもこう言います。

「外注化もっと早くからしておけば良かった・・・」

それくらい外注化って最初のハードルは高いんですが、やってみれば案外簡単でスピードも大きく変わります。

僕自身もアフィリエイトを初めて3ヶ月で5万円を突破してから赤字覚悟で外注化をして3ヶ月後には30万円を突破してその2ヶ月後には100万円を突破しました。それくらい外注化はスピードが加速します。

この記事では、アフィリエイトの外注化がなかなか出来ないあなたに向けて具体的な外注化の振り分け方法と、また外注化に潜むデメリットもしっかりとお伝えしていきます。

事例で言うと、血糖値を下げるサプリのサイトでも記事の大半外注化していますし写真やデザインも外注化していますそれなのに、月に10万円以上の収益を出しています。

実質このサイトに費やした時間は10時間程度です。

それでも月10万円の収益が出せるのは「自分時給を理解と優先順位を理解して」外注化をしているからです。

この記事を読み終える頃には、あなたもきっと外注化したくなっている筈です。

なかなか外注化できない人の心理とは!?

アフィリエイトをもう1年以上やっているのに外注化していない人も中にはいます。そんな方の多くは稼げていないのですが・・・。

で、なぜそういう人が稼げないのかを話すると「自分時給」という概念がないからです。

いきなりですが、あなたの時給はいくらですか?

と質問されて多くの方はわからないと思います。

アフィリエイトの外注化をする上で自分時給という概念は必ず持っておいた方が良いです。
で、これは単純にあなたの時給がいくらなのかです。

自分時給
自分の収入÷時間=自分時給となります。
自分時給の例
Aさんの場合(サラリーマンだけの収入の人)
サラリーマンで、手取り20万円で1日10時間働いていて、22日出勤の場合、
20万円÷労働時間(220時間)=約時給900円という事になります。

Bさんの場合(サラリーマンとアフィリエイト収入の場合)
アフィリエイトで収益を5万円出していてアフィリエイトを1日3時間して月に60時間やっていて
会社は1日8時間働いて22日出勤していて手取り18万円の人の場合、

自分の収入23万円(サラリーマンの収入18万円+アフィリエイト収入5万円)÷労働時間(176時間+60時間)=約時給970円

になります。

で、この自分時給がわかっていると今の作業の価値が本当に自分の時給の価値があるのか、それともそれ以下なのかを判断する基準になるからです。

とても大切なのでもう一度いいます。

自分の時給を知ると今している作業に価値があるのかないのか判断ができる。

ということになります。

例えば、今キーワード選定をしています。これってあなた以外だれもできないし外注化は、難しいですよね?であれば、このキーワード選定1時間の作業は、あなたがやる価値があります。

次にリライト。

何かの記事のリライトを1時間かけてしていたとします。例えば1000文字の記事のリライトを1時間かけてしていたとします。これってあなたの時給(Aさんの場合だと900円)の価値がありますか?

あなたの時給の価値のない事は今すぐどんどん捨ててください。

1000文字のリライトであれば、クラウドワークスやランサーズを見てみればわかるのですがおそらく400円くらいで募集することが出来るんですね。

この400円の1時間の作業をあなたがする必要ってありますか?

答えは簡単で、全くないかと思います・・・僕であれば、まだ収益を出せていない状態でも時給1000円のバイトいってその収益を外注費に回します。その方が効率が良いからなんですね。

で、これでももう分かったかと思うのですが、外注化できていないアフィリエイターの多くはこの自分時給の概念がないからなんです。

この章では自分時給の概念とどのように作業を振り分けして自分はどのような作業をしていけば良いのかということをお話していきたいと思います。

外注化の最大の落とし穴とは!?

まずは外注化のデメリットについて話していきます。
ここでは、最初多くの人が外注化に持っている幻想について現実を話していきたいと思います。

外注費使った額だけ稼げるは勘違い・・・。

よくサラリーマンで副業をされている方がいのですが、外注化をしたら稼げると思っている人がいるのですが、それはある意味正解である意味不正解です。

それが「楽するのと効率化は違う」という視点です。

サラリーマンでそれなりにお金をもっている人は、記事を書くのが嫌いだからいきなり外注さんを雇って記事を書いてもらおうとする方がいます。

この方の場合働いている心理は「楽をしたい」という心理です。

で、なぜこれがいけないのか分かりますか?

それは自分にノウハウや経験値が溜まっていない状態で外注化しているからです。これって効率化でなく記事を書くのがめんどくさいから楽をしたいって事なんです。

こんな状況でもし外注化をしてしまったらどんなことが起きてしまうのか?

まず、この人の場合自分にノウハウや経験がないので良い記事と悪い記事区別がつきません。
なのでお金を払っているので勝手に良い記事が上がってくると思い込みをしている状態です。

これはカチッサーの効果といって「高いもの=良いもの」と勝手に頭が思い込む状態です。

例えば、お昼のランチで2,000円のランチAと500円のランチBどっちが美味しいでしょう?
という質問をした場合、2,000円のランチAを選びますよね?

これは、2,000円もランチに出しているんだから美味しいに決まっていると勝手に頭が無意識レベルで
その分払うお金に理由をつけている状態です。

本当は500円のランチの方が自家栽培の野菜を使ってシンプルで体に良く味も美味しい可能性があるのに
2,000円は立地代やそのお店のブランド代が含まれている恐れもあるんですね。

これは外注記事でも同じで、1記事に5,000円も出しているから良い記事に決まっているっていう事を自分の頭で自己説得している状態になります。確かに5,000円出した方が良い記事が上がってくる可能性は高いです。

が、ここでは何が大切なのかと言うと。

自分のレベルをまずは最大限に引き上げることです。

部活などで例えれば分かりやすいのですが、あなたが例えば野球部だったとします。
野球の試合も出たことなく素振りもうまくできない状態で後輩にうまく指導するのってなかなか難しいですよね?(原理などを深く理解していれば別ですが、その場合は自分もそれなりにうまく出来る場合がほとんどなので)

数値にすると、自分のレベルが10段階中4のレベルなのに外注さんに10を求めるなんて不可能なんです。

だって4以上のレベルんなると推測でしかないので、どんな記事が良いのかどんな記事が悪いのか判断がつかない状態になるんですね。

なので、まずは自分のライティングスキルを10近くまで上げてしまうことを最初に意識します。

そうすれば外注さんを雇っても自分のレベルが10段階中9なのであれば、7〜8くらいまでのクオリティーを出すのは簡単だったりします。

これが効率化という概念です。

楽する概念と効率化の概念が全然違うことが、分かった筈かと思います。

なのでまずは、あなたのレベルが足りていないと思うところは数稽古をしてどんどんとレベルを上げていきましょう。

自分がやるべき作業の明確化

ここの部分が外注化で一番大切なところです。
何を優先的にやるのか(あなたしかできないこと)何を断捨離するのか(誰でも出来る仕事)、ここの部分が明確化出来ていないと外注化はなかなかうまく行きません。

まずして欲しいのは今のあなたのアフィリエイト作業をマインドマップに書き込むということです。

マインドマップにあなたの今の作業書き込めましたか?

簡単にですが、書いたらこんな感じになります。


なるべくポイントとして細分化ここでしておくことです。できればこのマインドマップの3倍くらいは細かく書くようにしてください。

で、さらには4段階にここから分けていきます。

外注化マインドマップのグループ分割方法”] 1 自分にしか出来なくて時間がかからないもの
2 自分にしか出来なくて時間がかかるもの
3 誰にでも出来て時間がかならないもの
4 誰にでも出来て時間がかかるもの

でこの4つの中から一番切り離すべきものは4の「誰にでも出来て時間がかかるもの」です。

マインドマップを見直して、結構4が多いかと思います。

イメージですが、僕のアフィリエイト作業を4分割するとこんな感じです。

あとはこの4の部分を優先的に、次に3、次に2を外注化していくだけです。

実例で言うとまずは、レビュー記事と20記事作成の部分って誰にでもできるのでここはさっさと外注化していった方が良い箇所になります。

逆にコンテンツ決めやサイトのデザインを決めるところは、自分にしか出来ないのでいかに4の作業を外注化して1、2に時間をかけていくかです。

今のやるべき外注化作業を細分化してみる

例えば、記事のリライトがあったとします。ここを明確化していきます。

いきなり「外注さんにリライトする」となるまだ脳の中で結構障壁がある状況でこれを自分なりに細分化して明確化していくことが重要です。

脳の障壁をなくすために重要なのは、なるべく数値化していくことです。 ・記事数
・文字数
・報酬
などがあります出来る限り明確化していくことです。

脳の仕組みで明確化(イメージ化)出来ていないことって行動しにくいいんですね。

例えば、「近所のコンビニに水を買いに行く」ってイメージ化しやすいから行動にエネルギー使わないです。

逆にイメージ化しにくいもの、例えば、「通販の無農薬ショップで無農薬レモンを買ってください。」と言われたら結構めんどくさいですよね。これは明確化されていないからです。これを明確化しようと思うと数値化と具体化をすれば良いのです。

明確化したもの
通販サイト→楽天
無農薬レモン→広島産のもの
量→5kg
値段→2000円
期限→今日まで

と具体化と数値化しました。
その場合質問自体が「今日までに楽天ショップで広島産の無農薬レモン5kgを2000円で注文してください。」と言われると、かなり明確化数値化出来ているので脳が迷わない仕組みになっていて行動することにエネルギーが消費されることを防ぐことができます。

一番エネルギーを吸い取られるのはずっと頭の中で行動しなくちゃと思って行動できないで考えているパターンです。ふとした瞬間に考えるけど行動出来なくてモヤモヤしてしまうこととかが良い例です。

で、話を戻して外注さんにリライトするという作業をまずは数値化と具体化をしていきます。

具体化と数値化例
・記事数→4記事
・文字数→2000文字
・報酬→1記事800円
・どこで→クラウドワークスとランサーズ
・いつまでに→明日までに

とこれだけ明確化すると
「リライトを外注化する」という曖昧な行動が
「明日までにランサーズとクラウドワークスで4記事(1記事800円で)で2000文字を募集する」
とするだけで、かなり行動するための摩擦が減ったかと思います。

何か外注化で行動できない時っていうのは、頭の中で具体化出来ているつもりでも実は具体化できていないことが大半なので実際に紙に書いて具体化していけば、頭のなかがすっきりしますし行動出来ていない自分の自己嫌悪という負のループを断ち切ることができます。

細分化して募集してみよう

あとはテクニック的なことですが、最初はまずはリスクヘッジのためにも2人募集することをおすすめします。
というのも最初から1人だけ募集して作業を依頼した時1人だと辞めてしまう恐れがあります。

例えば、急に1人が辞退した時にまた再度依頼してお願いしてと時間的にロスしてしまうので、2人を同時募集して、4記事依頼するのであればAさんに2記事、Bさんに2記事と分割して考えるようにすると、どちらかが提出できなくても提出してくれた人に残りの2記事を依頼すれば済む話ですし。AさんとBさんを比較することでどちらが良い記事を書いてくれるのかを比較することができます。

なのでまずは2人同時に仕事をお願いしてみましょう。

実際に僕のサイトの実例

僕の場合は今ほとんどのサイトが自働化しています。
このサイトで紹介したつぶより野菜も血糖値を下げるサプリのサイトも8割自動化で作っています。

それは、ここで紹介したように自分の優先するべき作業しかしてないからです。

優先順位の判断基準

1 自分にしか出来なくて時間がかからないもの
2 自分にしか出来なくて時間がかかるもの
3 誰にでも出来て時間がかならないもの
4 誰にでも出来て時間がかかるもの

の1、2しかしていないからです。

具体的にいうと、このサイトを作る時にしたのは、
1は、サイトのコンセプト、サイトの設計図、サイトのキーワード選定、外注募集、サイトのデザイン判断、
2は、サイトの動線、ライバルリサーチ
くらいです。

残りの3、4の作業は多くありますが、マインドマップで全て書き出して外注さんにふっているわけです。

こうすることによって今まで全て自分でやっていた作業を3倍にすることも可能ですし、売り上げを倍以上に
あげる事も可能なので是非外注化に障壁を感じているのであれば挑戦して見てください。

実際に僕は文頭でも書いたように、アフィリエイト収益が5万円いかない時点で外注化して半年で30万円は突破しました。それくらいアフィリエイトを加速するのに外注化は必要です。

毎月数千円でも良いの外注化する事によって、あなたが稼げる未来が確実に早くなります。

やらない事を決めれべ時間の使い方が激変する

13 件のコメント

  • はじめまして!
    出身地が近く、親近感を持ちました。
    アフィリエイトに興味があるのですが、
    この進化論に基づいた教室などされていませんか?
    よろしくお願いします。

    • 田中さん

      お問い合わせありがとうございます。

      また後々メルマガの方は配信して講座的な形を作っていこうと思っているのですが、
      先にアフィリエイト進化論を細分化した動画をアップしていこうと考えていますので
      また動画なども随時今の記事に盛り入れて分かりやすく解説していければと思っております^^

      それでは、引き続きよろしくお願いいたします^^

  • ツイッターからこちらのサイトを知り、一気に読ませていただきました。
    大変参考になりました。
    保存版にして何度も読んでやっていきたいと思います。
    他の方のコメントにもありましたが、講座や個別コンサルなどがあればいいなと思いました。
    また何か新しい情報があれば教えてください。
    よろしくお願いします。

    • 時田さま

      はじめまして!Twitterから多くの方に見て頂いて嬉しく思います。

      今後ですが、この記事の下の方に少し書いているのですが、http://tripler.asia/tripler2-0/
      リアルで仲間と成長できる現場を神戸の田舎(でも神戸から8分)で作っていければと思っています^^

      オンラインコースもその時に何かできればとは考えていてます^^

  • 今村さん、初めまして。

    すごく丁寧、具体的に説明されていて経験の浅い私にも道が見える思いです!
    ありがとうございます。
    今村さんの解説を見ていると、競合の多いジャンルなど(例えば例に出されていましたチャップアップなどの育毛剤ジャンル)でも、チャレンジできるんじゃないか!と勇気をもらえるほどです。
    しかしやはりそれほど強豪の競合が多いジャンルは避けた方が良いですかね^ ^
    でもチャレンジしたくなるほど、励みを受けています。ありがとうございます!
    引き続き学ばせていただきます
    m(_ _)m

    • 知念さん

      そうですね、強豪の多いサイトでもどうやって勝てるのか?

      を考えて本当に勝てた時って自分のレベルがぐっと上がる時なので勇気を持って挑戦されるのも
      とても良い事だと思いますよ。それと同時に弱いジャンルもやっておくとリスクヘッジにはなるかと思います^^

      • 今村さん、お返事ありがとうございます。
        リスクヘッジを考えながら、戦略を練ってチャレンジしたいと思います。
        そのためにもやはり、引き続き今村さんのサイトから学ばせていただきます。

  • 初めまして、imamuraさん!
    とても参考になる記事で何度も読み直しました。
    この度私も興味があったら宅配クリーニングについてサイトを作成しようかと思います。
    初めてのアフェリエイト特化サイト(いつもは雑記ブログに貼り付けるくらい)を作るにあたり数点質問させてください。
    上述の1と2の部分、サイトの方針や設計図は自分で作り込むつもりです。
    上述の3と4のような記事の作成(例えば宅配クリーニングの各社比較記事、実際の体験記事)等を最初から丸々依頼(リスク分散のために複数人に)ということはありでしょうか?あくまで依頼できるのは私が下書きしたリライトでしょうか?

    何卒ご教授願いします。

    • まつやま みのるさん

      メッセージありがとうございます!
      そうですね、ライバルの状況や狙っているキーワードにもよるかと思いますよ。

      まず重要なのは「キーワードでのライバルリサーチ」
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      そのリサーチに対して特にライバルが弱いのであればそのまま外注化します。
      ライバルの記事が強いのであれば、ある程度外注さんに渡す指示書は作りこんだ方がいいと思いますよ!

      じゃないと適当なのが外注さんから上がってきたらあとあと修正するのも大変なので(汗)

      指示書を細かく書いていると外注さんも迷いも少ないですし
      その指示書がライバルを意識して作れているのであれば
      良い外注記事が自然にできると思いますよ!

      • 丁寧お返事ありがとうございます!
        外注化も視野に入れてサイト作成していきます!
        今後も勉強させてください!
        何回もこのサイト読み直しています!
        ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です