アフィリエイト記事数100記事は必要なし!無駄な時間と体力を消耗する前に…。

アフィリエイトをやり始めてまだ半年以内の人は先にアフィリエイトで稼げない人の特徴の記事に目を通すようにしてください。アフィリエイトでなかなか成果のでない共通点をまとめています。

アフィリエイトで稼げない人の特徴は?

今村
アフィリエイトって100記事よく書けとか言われているけど本当に100記事書く必要あるの??

あんな事してたら腱鞘炎になっちゃうよ・・・

アフィ仙人
相変わらず根性ないの・・・。確かに記事数は必要じゃが今の時代は
「記事数<コンテンツ」の質なんじゃよ。

もう一回大切じゃからいうの。
今の時代は、記事数<コンテンツの質」なんじゃよ。

今村
え!?
100記事書かなくても稼げるの!
アフィ仙人
喝〜〜〜〜っ!!

わしが言いたいのは記事の量より記事の質に意識しろという事じゃ!楽をしろと言っているんじゃないぞ〜〜
また簡単な方に考えよって・・・。

わしがここで伝えたいのは100記事とにかく書けば稼げるという幻想じゃ、アフィリエイト初心者は記事の量ばかりに目がいくんじゃがそれ以上に記事の質が大切という事を伝えたいんじゃ!

アフィリエイト記事は100記事いらない6つの理由とは?

アフィ仙人
よくアフィリエイトで成功している人が、最初は100記事書きなさい!って言うじゃろ?あれは少し無責任な言葉なんじゃ。なんでだと思う?
今村
うぅ〜〜〜〜ん。。。100記事書けばアクセスが集まるから?
アフィ仙人
そうなんじゃよ。確かにアクセスは100記事書けば少なからず集まるが効率が悪いんじゃよ・・・。

シンプルにお客さんの立場に立って考えて欲しいんじゃが、例えば、アフィリエイトの稼ぎ方のサイトを探していて内容が薄いけど100記事入っているサイトって読む気するかの?

今村
内容薄いのに100記事なんて読む気しないね・・・。
アフィ仙人
そうじゃろ?
逆にアフィリエイトの稼ぎ方で内容の充実した記事で10記事あるサイトだったらどうじゃ?
今村
1記事の内容が濃くて自分の探している情報が入っているんなら、そっちの方がいい!!
アフィ仙人
だから今の時代は1記事1記事内容の濃いい記事を数記事あげるだけで十分なんじゃよ!
今村
なるほどそういう事だったんだね!

100記事書くのは大変・・・実際に300記事以上のサイトにかかる労力とは?

100記事以上のサイトというとなかなかイメージつかないと思うので、実際に僕が仲間と運営しているメディアサイトを少し例にどれくらいの期間でどれくらいの記事数でアクセスが集まるのかを紹介したいと思います。

サイトの詳細
サイトURL=http://tripler.asia/
ジャンル=旅行
記事数=400記事
運用実績=1年以上
PV数=16万PV
ライター数=50人以上
投下資金=300万以上

実際に10万PV到達するのに1年かかっていますしライターさんに記事を書いてもらっているので、相当なライター費用がかかっています。もしこれを1人でやると考えたら、ぞっとしてしまいます・・・。

アクセス数と記事数
100記事=4万PV
200記事=4.4万PV
300記事=10万PV

100記事入れるのに相当な時間と労力も使います。

毎日1記事書いても100記事以上書くのには半年はかかりますし、初心者にアクセスを集めれるという保証はありませんし大型サイトになると方向転換ができないという大きなデメリットもあります。

実際に300記事以上のサイトを持つ側からの意見として

初心者に100記事書けとう言葉は、あまりにも無責任すぎる・・・

その人の能力によって稼げる人と稼げない人の差がかなり開いてしますし、デメリットも多いです。ざっとデメリットをまとめてみました。

初心者に100記事サイトをおすすめしない6つの理由
①100記事書くのに半年以上かかる
②アクセスが集まる保証がない
③100記事行く前にエネルギー切れを起こす
④ジャンルによっては書くネタがなくなる
⑤途中で方向転換をできない
⑥1つのサイトだけでは経験が蓄積されない

【その1】100記事書くのに半年以上かかる

初心者がサイトに100記事書こうと思うと最初なかなか時間がかかってしまいます。1日で記事を書いて2日目に記事の装飾や編集を考えると2日で1記事かかるので、100記事書くとなると実質200日かかるので半年以上かかってしまいます。

最初の方は気合いの入った記事を書けるのですが、良い記事を書くという目標からだんだん100記事を書くという目標になってしまい記事の質の低下も目に見えています。

そして何よりのデメリットは、良い情報を届けるというサイトアフィリエイトのあるべき姿の本来の役目を忘れて記事数を達成するという事が目的にすり変わってしまう事です。

【その2】アクセスが集まる保証がない

最初はSEOやキーワードの知識もないのでガムシャラに100記事書いてもアクセスが集まる保証がありません。どこかで仮説と検証が必要になります。

野球やゴルフを経験した事がないのに我流で素振りを半年間続けても汚いフォームが身につくだけです。それよりは途中で動画を見て修正したり専門家に見てもらい検証を入れて、また自分なりに仮説をいれてその繰り返しでフォームも綺麗になります。アフィリエイトもそれと同じで、仮説と検証の繰り返しでアクセスが集まるのでガムシャラに100記事を書いてもアクセスが集まる保証がありません

例えば、薄い記事を100記事書いた場合・・・

どの記事も上位表示されないのでアクセスは全く来ない。

少ない記事だが1つ1つに情熱を注いで書いた記事の場合

しっかりとライバルリサーチしてコンセプトを掲げて記事を書くと少ない記事でもしっかりと上位表示される。

目指すはこの省エネ上位表示スタイル!今の時代は記事数ではなく、記事の質の時代。

【その3】100記事行く前にエネルギー切れを起こす

おそらく一番陥るのは、エネルギー切れを起こす事です。例えば、4ヶ月かけて60記事書けました。それなのに1日のアクセス数が0人だったらどうでしょうか?

先が全く見えなくなり自信を失ってしまってエネルギー切れを起こしアフィリエイトに対する情熱が切れてしまい記事を書けなくなってしまいます。

【その4】ジャンルによっては書くネタがなくなる

100記事を目安にしているとジャンルによっては書くネタがなくなってきます。例えば、育毛などのジャンルであれば100記事書く事は出来ますが、少しニッチな背中ニキビなどサイトの場合どうしても30記事が限界になって来てしまいます。

なので選ぶジャンルによっては記事のネタがなくなる恐れもあります。

【その5】途中で方向転換をできない

例えば、あなたが100記事ブログを書こうと思って、育毛ジャンルに入ったとします、50記事書けたのですが途中で自分がハゲていないし育毛の事に情熱がない事に気がついた時って、方向転換したくなりますが途中でジャンルを変更する事が100記事の大型サイトの場合出来ません。

中小規模サイトであれば、途中で自分に興味のないジャンルであればジャンルを変えて新しいジャンルに参入する事も可能です。

【その6】1つのサイトだけでは経験が蓄積されない

1つのサイトだけだと、比較対象がないので経験値が蓄積されません。

例えば、5サイトあなたが作ればそれぞれアクセスの数はサイトによって変わってきます。例えばバストアップのサイトはアクセスないけど、出会いアプリのサイトはやたらアクセスあるとします。そしたらそのジャンルは需要がある事が分かりますし自分にあっているジャンルだという事も分かりますし今の記事の書き方でアクセスが集まるという事が検証されます。

これを1つのサイトで特化してしまうと比較対象がないので仮説と検証が出来ません。なので数サイト作って比較して仮説と検証を立てて軌道修正していく必要があります。

実際にアフィリエイトは4記事でも収益化できる!?

今村
100記事書くってかなり効率悪いんだね・・・。
アフィ仙人
じゃから言っとるじゃろ。

大切なのはしっかりとしたコンテンツがあれば数記事で十分収益を出す事が出来るんじゃよ!

今から具体的に稼いでいるサイトを紹介するぞ〜

4記事で数万円稼ぐサイト!

実際にコンテンツをしっかりと作る事で記事数は4記事でも稼ぐ事は出来ます。これが実際に4記事で収益を出しているサイトです。

4記事で稼ぐサイト
URL=http://xn--k9jtb0ci9150bs43d8nua79o.com/
記事数=4記事
作成期間=半月
被リンク=0

被リンクもなしで4記事だけしか書いていません。

ただ、重要なのは徹底的にリサーチして、1記事のコンテンツの質とコンセプトをしっかりと立てている事です。

このサイトだけで月に収益は数万円出ています。

20記事少しで数十万円も可能!

他の記事の中でも紹介させて頂いたように20記事少しでも月に数十万円売り上げるサイトもあります。

30記事で稼ぐサイト
URL=光目覚まし時計.com
記事数=28記事
作成期間=1ヶ月
被リンク=0

このサイトも合計で28記事しか入っていませんが、「光目覚まし」というキーワードで上位表示しています。そして被リンクも0で月に数十万円の利益を出しています。

さらっと書いていますが、とても重要なのでもう一度、

「重要なのは徹底的にリサーチしてサイトのコンセプトを作り1記事のコンテンツの質を最大限にあげる事」

そうすれば不必要な記事も書く手間も省けるし、被リンクを当てる必要もなくなります。

サイトの本質とは何かを理解する

アフィ仙人
お主には抽象度が高く難しい質問かもしれんが、サイトの本質ってなんじゃと思う?
今村
記事を書く事でしょ!!
アフィ仙人
バカモン!

3分やるから、もう一度考えてろ。

・・・

・・

今村
3分考えたけど分からないよ。

うぅ〜ん、、、何なの!?

アフィ仙人
シンプルにいうとビジネスもアフィリエイトも本質は同じで価値を作り出す事じゃよ!
今村
記事書くだけで価値の提供にならないの!?
アフィ仙人
お主よく考えてみろ〜・・・その辺のネットに落ちている情報まとめてだけでは何の価値にもならんじゃろ?

だから100記事を書くというゴールより価値をそのサイトで提供するという意識でいれば、自然と報酬は後から付いてくるんじゃ。

お金を追いかけるとお金は逃げる、先に価値を提供するからお金が後から付いてくるんじゃよ。

徹底解剖!なぜ4記事のサイトで上位表示出来て稼げるのか?

アフィリエイトの本質で大切な事は、「価値を作る事」です。実際にさっき紹介したサイトを例に考えてみましょう。

4記事で稼ぐサイト
URL=http://xn--k9jtb0ci9150bs43d8nua79o.com/
記事数=4記事
作成期間=半月
被リンク=0
アフィ仙人
ちょっとここで質問じゃ、なんでこの少ない記事数で上位表示出来て稼げていると思う?
今村
価値を提供してるから!!
アフィ仙人
そのままさっきの答えをパクリよって・・・。

じゃあ具体的にどんな価値を提供してると思う!?

今村
野菜ジュースを買って飲んでレビューしてるから!?
アフィ仙人
半分あたりじゃが半分はずれ

このサイトは作る時に意識したのがまずは、野菜ジュースの事やこの商品について徹底的にリサーチしました。どんな野菜ジュースが人気があるのか、野菜ジュースを購入しようとした時にどんな悩みがあるのかをリサーチして書き出したりします。

このように野菜ジュースを子供に飲ませたいという親の意見も多く見つかりました。そして、記事を書くのも最近誰が書いたのか?というところも重要視します。なので本来は、「野菜ジュースを飲んでいる姿=価値の提供」としてしまいがちですが、さらにどのように価値を作り出せないかと考えた時に。

この3つを意識しました。

①他の野菜ジュースとの比較

 

②子供に飲んでもらっている姿

③書いている人の権威性を出す

この3つを意識してコンテンツに入れました。その代わり無価値な記事(ネットを探せば出てくるような内容)を極力少なくして本当に必要なところだけを抽出してサイトのコンテンツにしています。

今村
確かに1記事あたりの情報量多いし他のないコンテンツだから読む気になるね。

ここがどっかのサイトでも読める記事だったら絶対読まないもんね!やっと言っている事理解出来てきたよ。

記事を無意味に多く書く必要なくて、どうやって価値を提供できるのか考えた自然に記事数も決まるし何より1記事1記事どうやって価値を提供できるのか考えるのが大切なんだね!

アフィ仙人
そうじゃよ、ちゃんとどうやってそのキーワードに対して価値を提供できるのか考えればアフィリエイトって以外にシンプルなんじゃよ。

楽して稼ごうとか効率よく稼ごうという思考が先行してしまうビジネス同様うまくいかないんじゃ。

最後に聞くがアフィリエイトの本質とはなんじゃ?

今村
さすがにもう分かるよ!

価値を作る事だよ!

アフィ仙人
数よりコンテンツの方が大切な理由がやっと分かったようじゃの。

長い道のりじゃった。。。

ここで参入ジャンルも決まり本質も理解できたかと思います。次の章では、具体的にどのようなキーワードを考えて稼いでいくのかを紹介したいと思います。

↑今ココ

7 件のコメント

  • はじめまして、よっしゃらまると申します。
    いきなりのコメント失礼します。

    昨日、この「アフィリエイト進化論」をツイッター経由で発見し拝見させていただいております。

    控えめに言っても、“素晴らしいサイト”だと思います!
    正直感動すら覚えました。
    ユーザーを意識して記事を書くとはまさしくこういうことなんだと改めて学ぶことができました。
    ありがとうございます。

    ところで、サイトを拝見していて一つ気になったことがあって質問をさせていただきたいのですが…。
    いきなり質問するのもいかがなものかと思ったのですが、このサイトを見ていたら質問したい自分を抑えられなくなりました。笑

    ~以下質問内容~

    4記事で上位表示できている「つぶより野菜」のサイトの中で、権威性を出すためにアドバイザーの資格合格認定証を掲示されていますが、これはご自身でわざわざ資格を取得されたのでしょうか?
    それとも、資格を持ったライターさんに外注されたのでしょうか?

    どうしてこういう質問をしているかと言うと、私もサイトをつくる中で権威性を出すことの重要性は嫌と言うほど認識しているのですが、なかなかうまくできないのが現状です。
    私自身が何か資格を有しているわけではありませんし、専門家でもないためなかなか権威性を示すということがうまくできません。
    権威性を示す方法についてアフィリエイターの皆さんがどうされているのか一番気になっているところ(=一番今自分が悩んでいるところ)です。
    権威性を示す方法が分かれば一つ階段を上がれるような気がしています。

    いきなりの質問で本当に申し訳ございません。
    差しつかえない範囲で結構ですので、ご教授いただければ幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    • よっしゃらまるさま

      ご質問ありがとうございます^^
      僕の場合は初めから資格を持っている人をCWやランサーズで募集します。

      そのために必要なのがコンセプトを最初のサイト設計の時にしっかりと決めることですね。
      また、コンセプトの作り方についても今後、記事にできればと思います!

      ご質問ありがとうございます^^

      • ご回答ありがとうございます!
        ものすごく参考になりました。

        こちらのサイトは本当に勉強になるので、もうすでに3週ぐらい見ました。笑

        また、分からないことがあれば質問させていただきたいと思います。
        その時はどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。
    有益な情報ありがとうございます。
    質問させていただきたくコメントいたします。

    ペルソナ設定についてですが、以下2つのうちどちらで作ったほうが良いでしょうか?

    【1】 サイト全体を【設定したペルソナ】した1人に向けて書いていく
    【2】 記事ごとに異なるペルソナを設定して書く

    【1】は、よりターゲットに対して濃い記事がかけますが、ペルソナを細かく設定すればするほど書ける記事も限られ該当する人が少なすぎて来ないのではないかと思ってしまいます。
    【2】の、記事ごとにペルソナ設定すると、サイトの構成がちぐはぐで周回率が悪そうです。(カテゴリ分けすれば解決?)

    このサイトに掲載されていた
    ・離婚サイト
    ・つぶより野菜
    ・光目覚まし

    のペルソナ設定はどちらなのかを私なりに考えたところ、

    ・離婚サイト→【2】記事ごと?
    ・つぶより野菜→【1】サイト全体?
    ・光目覚まし時計→【1】サイト全体?

    なのかなと思い、商材によって変えているのかな?とも感じました。

    以上の点をお伺いしたいです。
    とりとめのない文面になってしまい申し訳ありません。
    よろしくお願いいたします。

    • 児玉さま

      そうですね!サイトの規模によりけりという感じですね^^
      小さいサイトだと結構しぼって大きいのサイトだと多くのターゲット取り入れたいので、
      記事ごとにペルソナわけてTOPで統合する感じのイメージだったりしますね。

      ただ、一応どの層が多いのかとかの全体にペルソナは作っておく方がいいかと思います。

  • 初めまして、初心者です

    今まで閲覧したアフィ講座の中で最も分かりやすい解説で、何度もみかえしてるぐらいです。

    もし有料で情報を売ってたとしたらおそらく買いませんでした!が、ブログを読み終えてから思ったことが、お金払ってても買う価値がある情報です!

    今後アフィリエイトを始めるようであれば、教材費として、このサイトで登録するつもりです!

    それと、初歩的な質問なんですいません

    [光目覚まし時計.com]のブログを見て一つ疑問に思ったんですが、商品の購入ページを見ると、公式サイトへ、しかありませんでした。

    ASPのA8.netで同じ商品を探しても見当たりません。

    これって ASPの使ってる会社が違うだけなのでしょうか?

    yahooページで同じキーワードで検索した、もう1人のブログでは、商品紹介の横には、

    [Amazonで詳細をみる] [yahooショッピングで詳細を見る].[楽天で詳細を見る]の3つだけでした。

    やっぱ違うのでしょうか?

    • 初めましてメッセージありがとうございます!
      そういっていただけると嬉しく思います。

      [光目覚まし時計.com]のブログを見て一つ疑問に思ったんですが、商品の購入ページを見ると、公式サイトへ、しかありませんでした。
      ASPのA8.netで同じ商品を探しても見当たりません。
      これって ASPの使ってる会社が違うだけなのでしょうか?

      そうですね、基本的にASPによって取り扱っている商品は違うので売りたい商品を見つけたら先に
      ASPで取り扱っているのか確認はした方が良いですね^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください