【SEOに強い】最強のアフィリエイトサイトの設計図の作り方!

今村
いよいよここからサイト作成に入るんだね〜長かったね〜
アフィ仙人
ここでちょっと復習なんじゃか、サイトアフィリエイトで大切なものって何か分かるの?
今村
価値を提供すること!!
アフィ仙人
おっ!ちょっとは頭に入ってきよったな!じゃあキーワード選定で大切な事は!?
今村
儲りそうなジャンル!
アフィ仙人
誰もそなんか言っておらんじゃろ〜リサーチじゃリサーチ!

金ばっかり追いかけると、価値の提供忘れるんじゃよ。

アフィリエイトサイトを作る時に大切なのは「価値提供」と「リサーチ」じゃ!

しっかり頭にいれるんじゃ!

誰も教えてくれないアフィリエイトのサイト設計図とは!?

アフィリエイトを始める前に多くの人が取り入れていない事がサイトの設計図を作る事です。

少し想像して欲しいのですが、建築、服、電気設備などなどこれらの多くは設計図を元に作っているからしっかりと形になります。もし設計図が無かったら家っておそらく建たないですよね・・・?

実はサイトアフィリエイトも最初の段階の設計図がとても大切になります。このサイト設計図を作らずにサイトを作ってしまうと後で無駄な記事が出てきたり動線がむちゃくちゃになったり気づいたらサイトのコンセプトや集客にあまり関係のない記事を書いていたり感情脳でサイトを作ってしまう事になり無駄が出てきます。

大切なのは、最初にある程度のサイトの設計図を作っていく事です。

この章では、誰も教えてくれないアフィリエイトサイトの設計図の作り方について説明していきます。

使うものはマインドマップというものを使います。

真ん中にテーマをおいてあとは連想されるものを放射線状に書いていきます。この図であればメインテーマは「りんご」でりんごから連想されるもの「利用」「効果」「ロゴ」「神話」「産地」「成分」と連想されて、さらにそのワードから連想されるものを放射線状に展開していきます。

脳の中って、自分が思っている以上に曖昧でこやってテーマを元に連想(「りんご→産地→長野」)して書くだけで頭の中がかなりすっきりとする筈です。

などのメリットがありまます。

マインドマップを使わずにサイトを作り出してしまうと、全体像も把握できないので無駄が多くなってしまいます・・・。

なのでサイトを作る時はしっかりとマインドマップを作って全体像を把握しながら無駄がないように作っていきましょう。

アフィリエイト進化論ではエックスマインドとう無料アプリを使います。→エックスマインド

MACでもWindowsでも無料で使えます。

超効率化!サイトの設計図作成の9ステップに分けて徹底解説!

【ステップ1】自分の情熱のあるジャンルを選ぶ!

まずは、ASPなどの中から自分の好きで情熱の持てるジャンルをまずは選んでみてください。

アフィリエイト初心者でも稼げるジャンルも参考にしてみてください。この時に自分が情熱を持っていてややってて面白いと思うジャンルを選ぶ事が重要です。

今回、僕が以前に作成してサイトを例に出していきたいと思います。今回僕が選んだジャンルは「血糖値ジャンル」です。

参考サイト:血糖値を下げる人気サプリ.net

このサイトを作ろうと思ったのは、父とご飯を行っている時に健康診断の話になりもしかしたら血糖値が高くて糖尿病予備軍かも・・・という話を聞き心配になって自分自身も父のために血糖値を下げるサプリをあげたいし何か下げる方法があれば父に提供してあげたいという思いで作りました。

このように何か自分の興味のあるジャンルをまずは選ぶ事が大切です。自分の悩みでも大丈夫ですし自分が情熱を注いできた事や人より少し知識があって好きな事でもOKです。

【ステップ2】リサーチを入れて戦略を決める!

サイトアフィリエイトのキーワード選定の章でお話したように、リサーチをして行きます。

ここも適当にリサーチするのではなく徹底的にリサーチしてください。僕はブックオフ以外にもアマゾンの中古本とかも安いので一気に購入してキーワードや知識をいれます。

書籍を3冊くらい読んで知恵袋など調べている間に血糖値で悩む人がどんな人なのか、だいたいのイメージがついてきます。

僕の場合1つのサイトを作る時に平均して3日くらいリサーチを入れるようにしています。

1日だとリサーチが足りないですし1週間だと期間が長すぎてエネルギー切れをおこしてしまうので、3日と決めてリサーチを徹底的にしていきます。大体ジャンルの知識やどんな人がターゲットになるのかイメージがかなり湧いてきたかと思います。

リサーチしている時ってなかなか形にならずに焦りますがこういうマインドを持ってください。

大多数がやらない事に価値が生まれる

【ステップ3】ペルソナを設定してターゲットを超具体化する!

前回のキーワード選定の章でここもお話したように次はターゲットになる人を明確化していきます。

血糖値サプリジャンルのペルソナ
①性別 →︎ 男性
②仕事 →︎ 不動産屋さん
③趣味 → ゴルフ
④収入 → 手取り月40万円
⑤居住地 → 千葉
⑥学歴 → 大学卒
⑦年齢 → 48歳
⑧家族構成 → 4人家族(妻・長男・次女)
⑨名前 → 北山修造
⑩現在の悩み → 健康診断で血糖値が高いと指摘された

です。北山さんは不動産屋さんで働く48歳の男性で趣味はゴルフで4人家族。自分では健康と思っていたのですが会社の健康診断である日、血糖値とhba1cが高いと言われて糖尿病予備軍の疑いがあると言われている。

とこれくらいペルソナは、超具体かしておきましょう。その方がイメージも格段に湧きやすいので。

【ステップ4】メインキーワードを決めていよいよスタート!

こちらも前回の章でお話したようにメインキーワードを決めます。今回は「スモールジャンル・ミドルキーワード戦略」でやっていきます。

血糖値のジャンル自体は、サイト検索をしていてもそんなに大きなジャンルでないのでスモールジャンルと設定して、その中でミドルキーワードを選定します。

血糖値だとビックワードでなかなか上位表示されないので、購買意欲が高い「血糖値を下げる サプリ」というキーワードに決めました。

【ステップ5】ライバルリサーチも徹底的に!

次にキーワードが決めれば、ライバルリサーチを徹底的にしていきます。

良くやりがちな意味のないライバルリサーチですが、サイトをただ見てライバルのサイトはこんなサイトなのか〜っと感覚リサーチをしてしまう事です。

正しいライバルリサーチの方法は簡単で、そのキーワードをGoogleで検索して1〜10位のサイトの良いところと悪いところを5点ずつ書き出す事です。

ちゃんと書き出す事によって悪いところは自分が絶対に真似してはダメなところ、良いところは全ての良いサイトの箇所を取り込む事をすれば必然的に、どのサイトよりもクオリティーって高くなります。

【ステップ6】サイトのコンセプトを考えてからスタートする

ライバルリサーチが出来たらサイトのコンセプトを考えます。コンセプトと言われると少し難しい気がしますがシンプルにコンセプトですが、

どうやったらライバルサイトにない価値を提供できるのか?

が重要です。血糖値サプリの場合であればライバルを見ているとレビューはあるのですが、効果がわかるものが少なかったので、何かこの効果を数値化できないかと考えたところ

閃いたのが糖尿病を患っている人で実際に血糖値測定器を使っている人です。そうすれば数値は出来ますし、グラフを見て本当んどのサプリが効果があったのかユーザーさんにもお伝えする事ができますよね。

この血糖値測定器のアイディアもリサーチを深くしているからこそ思いつきました。

リサーチが浅い場合こういった血糖値測定器の存在も知らないので、なかなかしっかりとしたコンセプトを立てる事ができません。

なので時間をかけて深くリサーチをしてライバルサイトよりも良い価値を提供できるようにコンセプトをしっかりと立ててから次のステップに行きましょう。

深いリサーチをするから刺さるキーワード、揺らぎないコンセプトが生まれます。

【ステップ7】記事の種類は大きく分けて3つ!

記事の種類は大きくわけて[TOP記事][集客記事][成約記事]の3つです。サイトの設計図を構成する時はこの3つにあてはめてマインドマップで設計図を作っていくと分かりやすいです。

①TOP記事

TOP記事
TOP記事はサイトの顔になる記事です。重要な事はキーワードに対してユーザーの望んでいる答えがこのページでしっかりと返せさらには価値を提供出来ているかが重要です。ここのTOPで成約なども取りに行くのもあります。

サンプルサイトの場合は、「血糖値を下げる サプリ」なのでキーワードに対してサプリメントをランキングしている形をとっています。

②成約記事

成約記事 
成約に結びつけるページの事でキラーページとも呼ばれます。商品があるのであれば商品のレビューなどをして成約に繋げたりします。今回の例であれば、白井田七を飲んで血糖値を1ヶ月測ってもらいレビューして成約にまで繋げています。

③集客用記事

集客用記事
成約が目的でなく、そのジャンルに興味がある人を集める記事です。ここでは基本的にリサーチをしてスモールワードでライバルの少ないキーワードで集めていきます。例えばサンプルサイトであれば、「hba1c ngspとは?基準値はどれくらい?jdsの違いを分かりやすく解説」というタイトルでと少しマニアックな切り口でいっていますが血糖値に悩んでいる人であれば日常的に調べるような内容のキーワードを狙っています。

集客記事のイメージとして、小さなアクセスでも良いので確実に取れるものをたくさん集めてサイトにどんどんとアクセスの流入を増やしていくイメージです。トレンドの記事や時事ネタも関連性があるのであればサイトに入れてみると良いかと思います。

【ステップ8】キーワードを抽出していく!

記事の種類が分かれば、人気の商品や知恵袋や書籍からキーワードを抽出してきます。

紙に書いても良いですし、エクセルやGoogleスプレットでもOKです。個人的には最近はGoogleプレットが使いやすく出先でスマホでも確認できるのでGoogleスプレットがおすすめです。

Googleスプレッドでこのようにキーワードを上げていきます。この時に記事の種類とライバルの状況も見てライバルがどんな感じなのか見ておくと良いです。キーワードプランナーとかで検索ボリュームを見れる人は見ておくと良いです。

ここでは可能な限りキーワードをピックアップしていきます。いらないものは後で消せば良いので今はとにかく先入観を捨ててとにかく書き出していきます。

個人的な意見ですがキーワードプランナーの検索ボリュームはあくまで目安なので実際にもっとアクセス集まる場合もありますし集まらない場合もあるのであまり参考にはしていません。

【ステップ9】キーワードをマインドマップで整理すれば設計図になる!

後は先ほど集めたキーワードをエックスマインドのマインドマップで整理していきます。

メインキーワードからあまりにも離れたキーワードやライバルが強いと思ったキーワードをここで消去してカテゴリーわけ出来るものに関してはカテゴリーわけもしながら整理していきます。

するとこのようなマインドマップで出来たサイトの設計図が出来ます。

あとは、あなたのやりやすい様に例えば優先順位をここに書いたり記事の構成や目次なども実際に書いていったりすれば、毎回作業をする時にこのサイトの設計図さえ見れば無駄が大幅に軽減されます。

このアフィリエイトサイトの9つのステップをしっかりと出来れば、長期的に尚且つ変動の少ない安定したサイトを作れます。小手先のテクニックより大切なのは、お客さんの悩みに寄り添う事です。

次の章では、具体的なアフィリエイトライティングの15のコツを紹介します。おそらくここまでアフィリエイトライティングで無料で公開している記事もないくらいのテクニックを入れています。

↑今ココ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です